20160321 苗場1スチール226-1

SVD2016‐NAEBA‐RISING-リザルト発表!!

皆さま、大変お待たせいたしました。 SNOW VERTICAL DOWN2016-NAEBA-RISING-予選及び決勝レースの上位者のリザルト報告をいたします。なお、予選コースと決勝コースではスタート地点が異なり決勝コースのほうが300mほど距離を長くとっております。

DSC_9536

00.pdf..pdf.

 

 

総合優勝 男子1位(招待選手を除く全体1位)

賞金10万円獲得 伊藤 朋一選手 タイム/12:56 DSC_9539

20160321_0482

エントリー済みの大会をキャンセルしてまで参加いただいたという伊藤選手。「滋賀県から車で飛ばしてきて良かった笑」と主催者側としてはありがたいお言葉。 転倒したせいか膝から流血しながらもガッツある走りでみごと優勝。 本当におめでとうございます!! 副賞としてランナーに最適な「心と体を酸素で満たす天然水 アースウォーター」6箱、SAPPROより新潟限定ビール「風味爽快ニシテ」、原酒造より「越の誉 純米吟醸」、、「着用するだけで身体能力が向上する SHANI」よりベースレイヤー、サンダースポーツより「GUIDETTI TRADITIONAL BATON LEATHER」、RaidLIghtからは最新モデルセットなど、そしてその他にも持ちきれないほどの商品が進呈されました。 

男子2位(招待選手を除く総合2位)

賞金5万円獲得 小川 祐一選手 タイム/12:57

DSC_9543

20160321_0467

予選では優勝者の伊藤選手にわずか1秒勝るも決勝では1秒差で惜しくも2位。 素晴らしいデッドヒートでレースを盛り上げてくれました。

男子3位 佐藤 圭介選手 タイム/13:08

DSC_9546

20160321_0470

佐藤選手はスカイランニング日本選手権・美ヶ原80kで7位となるなど実力派のスカイランナーです。 序盤、先頭集団をTOPで率いるも惜しくも3位でフィニッシュ。「本気で賞金を狙いに行った」と悔しそうに語っていたというから今大会のレベルの高さがうかがえます。

男子4位 中野 善人選手 タイム/13:31

DSC_9554

男子5位 細山 雄一選手 タイム/13:36

DSC_9562

 

女子1位(総合優勝を除く女子1位)

賞金5万円獲得 渡部 春雅選手 タイム/14:14

DSC_9583

swv_0429

今大会、最も注目を浴びたといっても過言ではない女子の部で優勝した渡部 春雅選手。 なんと13歳になったばかりというから驚きだ! しかも決勝レースでは女子2位と30秒以上も差を付け、総合でもこの並み居る男性ランナーに肩を並べる7位と大健闘。 他のランナーや大会スタッフの彼女への印象は「強い」という言葉が飛び交っていた。「速い」ではなく「強い」というこの言葉に彼女の将来性が垣間見える。 賞金とともに送られた副賞のお酒関係は同行されていたお母様に受け取っていただきました。本当におめでとうございましたっ!

女子2位 青木 奈和子選手 タイム/14:57

 

20160321_0025 - コピー

20160321_0464

女子2位の青木 奈和子選手はピックアップランナーでもご紹介していた通りの素晴らしい走りで見事好成績を残してくれました。 そして何よりも印象深いのは彼女がこのレースを存分に楽しんでくれているということだ。 オフィシャルカメラマンがおさえている写真(後日アップします)のほとんどの彼女が楽しそうに駆けて抜けている。 事前にいただいていたコメント通り「怪我なく楽しく笑顔で!」を体現してくれました。 ありがとうございますっ!

女子3位 星野 緑選手 タイム/15:15

DSC_9611

swv_0190

女子3位の星野 緑選手も前評判通りの素晴らしい走りを見せてくれました。若手に切り込むベテランランナーのテクニックでリベンジを期待しています!

女子4位 常田 めぐみ選手 タイム/16:38

20160321_0085

女子5位 多田 恵子選手 タイム/19:50

DSC_9665

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

緊急告知